株式投資から距離を置く理由は知らないことによる恐怖感でしょう。投資について知識を深めることにより、投資の面白さに気付いてくるはずです。

更新履歴
青いグラフ

投資という言葉を知っていたとしても、自分とは縁がないと思っている人も多いでしょう。
なぜ縁がないと思うかというと、どのように手を出していいのかわからないという事があるはずです。
どこに投資をすればいいのかもわからず、どのくらいの金額を使えばいいのか、何がどうなっているのかわからないから行わないものなのかもしれません。
投資をすることによって、損が出てしまうかもしれないというのは、どうしても付いて回ることになります。

しかし儲けが出ればかなり大きな金額を手にすることが出来るのです。
銀行に普通に貯金をしていただけでは、ほとんど利息は付くものではありません。
数年間預けても数百円という単位でしかお金が増えないのであれば、楽しみも何もあったものではないでしょう。
しかし投資の場合は、ほんの数ヶ月で、数十万円ものもうけが出ることもあるのです。

ただお金を投資しているだけでそれほどまでの儲けが出るのであれば、銀行に貯金をしておくのはもったいなく感じてしまいます。
投資をしていることによって、もうけが出る時もあれば、損をしてしまう事もあります。
少しでもその損を減らすためには、分配金がたくさん出るものを選ぶ様にしておくといいでしょう。
分配金が毎月たくさんもらえるのであれば、基準価額が下がってしまった時でも、その分配金を使わずにとっておくことによって、少しでも損を少なくすることが出来るのです。

毎日の変動に一喜一憂するものではありますが、それもまた投資の面白さでもあります。
高額をつぎ込むのが怖いのであれば、まずは少額から始めてみるといいでしょう。
毎日の変動を見ながら動きがつかめてくれば、他も検討してみるのも楽しみになります。

記事一覧
グラフ

投資と聞くと、資産を沢山持った人が行うことのようなイメージがかつてありました。 しかし近年、投資はよ...

日本円

日本銀行が消費者物価の前年比上昇率2%を目的として、マイナス金利付き量的・質的金融緩和を行っています...

グラフ

投資を始める際にはこれから自分は大もうけをするのだという考え方に囚われてしまいがちですが、こうした考...

打ち合わせする人たち

株式投資では、どんな投資先であっても損をするリスクを伴います。 もしかすると、「ちょっとした」どころ...